メインイメージ

一言でオーディションと言っても様々です

オーディション…というと華やかなイメージを持っていませんか?
女の子だけではなく男子にも憧れの舞台、華やかさのある世界観をもっています。
例えば、モデルのオーディションなどもそうですね。
以前はモデルというと、背が高くて8等身で…といった体型が求められていた時代もあります。
最近ではSサイズモデルといった身長の概念にとらわれないモデルの在り方も現れています。
また、華やかさとは程遠い「ネガティブ」であることも、「個性」のひとるとして広く認識されるようになりました。

見た目だけではなく、個性もアピールポイントです

オーディションでは、見た目に加えて「個性」を求められる時代になっています。
以前は「方言」を無理やり矯正していましたが、最近では方言を全面に押し出したタレントさんもいます。
より「個性的」他との差別化が図られているのでしょう。
また、遠い憧れだった芸能人を身近に感じる芸能人へ…という取り組みも大ヒットしました。

固定概念のないオーディションが増えているようです

より個性的に…オーディションの種類はさらに多様化、「ヤンキー」というキーワードでも実施されるという話がありました。
この内容については賛否両論あるかとは思います。
ですから、あえて深くは追及しません。
しかし、「こうでなければならない」といった固定概念を覆すようなオーディションはこれから先も現れるかもしれませんね。